音声ガイダンス

AEDとは医療資格を保有していない人にも使える医療機器で、機器から発せられる音声ガイダンスの手順に従って手当することで、心臓の心室細動の処置の効き目を可能にします。
胃食道逆流症の一つである逆流性食道炎は、1週間もきちんと服薬すれば、原則、9割前後の患者さんの自覚症状は改善しますが、とはいえ食道の粘膜の炎症反応自体が完治したとは断定できないのです。
ジェネリック医薬品(generic drug)とは新薬の特許が無効になった後に売られ、まったく同じ成分で負担を少なく抑えられる(金額の高価ではない)後発医薬品のことで、近年浸透しつつあります。
結核の原因となる結核菌は、菌に感染した人が「せき」をすることで空間に放り出され、空気中でフワフワ流れているのを別の誰かが呼吸の際に吸い込むことによって感染していきます。
現在の病院の手術室には、ラバトリーや器械室、準備室(preparation room)を併設し、手術中に撮影するためのX線装置を設けるか、近距離にX線用の専門室を設置するのが一般的だ。
内臓に脂肪が多いことによる肥満があり、脂質過多(ししつかた)、塩分の過剰摂取などによる「高血圧」、糖分の摂りすぎなどによる「高血糖」のうち2個以上に当て嵌まる健康状態を、内臓脂肪症候群というのです。
ハーバード・メディカルスクール(HMS)の研究結果によれば、一般的なコーヒーと比較して1日あたり2〜3カップのカフェイン抜きのコーヒーを飲むと、なんと直腸癌の発症率を0.52減少させたという。
「肝臓の機能の悪化」は、血液検査のGOT(AST)やGPT(ALT)、γ-グルタミルトランスペプチダーゼ(γ-GTP)等3つの値によって診れますが、近頃肝臓の機能が悪化している人々が明らかに増えていると言われています。
体を維持するのに必要なエネルギー源として速攻で役立つ糖、細胞の生まれ変わりに必要な蛋白質など、行き過ぎたダイエットではこの2つに代表される活動を維持するために絶対欠かせない栄養成分までもを欠乏させる。
ヒトの耳の内部構造は、大きく「外耳(outer ear)」「中耳(ちゅうじ)」「内耳(ないじ)」の3か所に大別されますが、この中耳付近に黴菌やウィルスが感染することで炎症がみられたり、液体が溜まる病気を中耳炎と称しているのです。
ストレスがかかり、蓄積してしまう構図や、便利なストレス対処策など、ストレスに関して基本的な知識を学んでいる人は、そんなに多くはありません。
「ストレス」というのは、「無くすべき」「取り去らなければいけない」と捉えがちですが、本当のところは、私たち人は様々な場面でストレスを経験するからこそ、生活することができます。
開放骨折して大量出血してしまった状態だと、急に低血圧となって目眩やふらつき、体が急速に冷えるように感じる冷や汗、吐き気、意識消失発作などの脳貧血の症状が引き起こされるケースもよくあります。
臓器である前立腺は成長や働きにアンドロゲン、すなわち雄性ホルモンが非常に深く関連していますが、前立腺に発現してしまったガンも同じく、アンドロゲン(雄性ホルモン)によって肥大化します。
必要な栄養を万遍なく含んだ食事を1日3回とることやスポーツは当然のこととして、全身の健康やビューティーを目的とし、特に摂りたい栄養を補うために色々な成分のサプリメントを服用する事が標準になったそうです。