ジェネリック医薬品

欧米においては、新薬の特許が切れてから30日後には、製薬市場の8割がジェネリック(ジェネリック医薬品)に替わるような薬もあるというくらい、ジェネリック医薬品(Generic drug)は地球上で知られているのです。
季節性インフルエンザ(seasonal influenza)のワクチンでは、現在までの研究結果によって、ワクチンの予防効果が見込めるのは、ワクチン接種した14日後くらいから150日間ほどだろうと言われています。
急性中耳炎(きゅうせいちゅうじえん)とは、最もかかりやすい中耳炎で幼い子どもに発症しやすい病気です。強烈な耳痛や38度以上の熱、酷い鼓膜の腫れ、膿が出てくる耳漏などの多様な症状が発生するのです。
高齢の人や慢性的に病気を患っている方は、極めて肺炎を発症しやすく治療が長引く傾向があるため、事前に予防する意識や迅速な手当が肝要なのです。
アミノ酸のひとつであるグルタチオンには、細胞の機能を不十分にしたり突然変異を招く悪影響を及ぼす有害物質を体の内部で無毒化し、肝臓の役割をより強める動きが確認されています。
音楽会やライブなどの開催される施設やダンス広場などにある大音量スピーカーの真横で大きな音を聞いて難聴になる症状を「急性音響性難聴(きゅうせいおんきょうせいなんちょう)」と称しています。
バイ菌やウィルスなどの病気を生む微生物が呼吸とともに肺へ忍び入って罹患してしまい、肺の内側が炎症反応を呈示した事態を「肺炎」と総称しているのです。
食中毒を引き起こすことのあるブドウ球菌(staphylococcus…staphylo-はラテン語で「ブドウの房」、coccusは「粒」の意)はグラム染色で紫色になるグラム陽性球菌であり、大別すると毒素の極めて強い黄色ブドウ球菌(英:staphylococcus aureus)と一方は毒力が脆弱なコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(coagulase-negative staphylococci)の2種に分けられるのです。
ピリドキサールは、かの有名なアミノ酸をトリカルボン酸回路と呼ばれているエネルギー源の利用に必要な重要な回路に組み込むため、それ以上にクラッキングすることをサポートする機能もあるのです。
車の事故や高い所からの落下など、非常に強い負荷が身体にかかった場合は、複数の部位に骨折が齎されてしまったり、複雑骨折となったり、ひいては臓器が破裂することも考えられます。
ダイエットに没頭するあまり1日の総カロリーを抑制する、食べる量を落とす、そのようなライフスタイルが結果として栄養をも不足させ、慢性的な冷え性を招くことは、盛んに問題視されていることなのです。
塩分と脂肪の摂り過ぎを控えて適切な運動に努めるだけでなく、ストレスを蓄積しすぎない毎日を心がけることが狭心症の要因となる動脈硬化を予め防ぐポイントです。
めまいは診られないのに、長時間続く耳鳴りと難聴の2つの症状を数回発症する症例を区分けして「蝸牛(かぎゅう)型メニエール氏病」と呼ぶような症例があることは意外と知られていません。
乳幼児が受ける不活化ポリオワクチンは、替わり、平成24年9月1日より原則無料で受けることのできる定期接種となるので、小児科などの医療機関で個々に注射してもらうスケジュール管理の必要な個別接種という扱いになりましたのでご注意ください。
暗い所だと光量不足のため見辛くなりますが、更に瞳孔が開くため、眼球の水晶体のピントを合わせるのに余計なパワーが消費され、結果的に日の差す場所でものを見るより疲れるのが早くなるのです。