早発閉経

常在細菌のブドウ球菌(ぶどうきゅうきん、staphylococcus)はグラム染色で紫色になるグラム陽性球菌であり、毒素のきつい黄色ブドウ球菌(staphylococcus aureus…staphylo-は「ブドウの房」の意)と一方は毒のあまり無いコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(coagulase-negative staphylococci)の2種類になっています。
もし婦人科の血液検査で現実問題として卵胞ホルモンと黄体ホルモンの分泌量が足りず早発閉経(Premature Ovarian Failure)だと判明した場合は、足りていない女性ホルモンを補充するような医術で改善できます。
UV-Bは、UV-Aよりも波長が短いという性質があり、オゾン層でその一部分が吸収されますが、地表まで達したUV-Bは皮ふの表皮の内部で細胞のデオキシリボ核酸(Deoxyribo Nucleic Acid)を壊したりして、皮ふに悪い影響をもたらすのです。
陰金田虫(インキンタムシ)とは、医学上では股部白癬(こぶはくせん)と言われている、白癬菌が陰嚢(いんのう)や股部、尻などの場所に感染し、定着した病気であり簡単に言うと水虫です。
20〜30才代で更年期がやってきたとすれば、医学的な言葉で表現するとPOF(Premature Ovarian Failure)という女性疾患を指します(日本においては40歳未満の比較的若い女性が閉経するケースを「早発閉経(そうはつへいけい)」と呼んでいます)。
患者数が増加しているうつ病では脳の中で分泌される神経伝達物質の「セロトニン」が足りなくなり、不眠、憂うつ、強い疲労感、食欲不振、5kg以上の体重減少、焦り、顕著な意欲の低下、「消えてなくなりたい」という希死念慮、自殺企図等の様々な症状が心身に現れます。
くしゃみ、鼻みず、鼻詰まりや目の掻痒感・ゴロゴロするような異物が入っている感じなどの花粉症の代表的な症状は、アレルギーの原因物質となる花粉の放出された量に追従しているかのように深刻になってしまうという特性があるのです。
ハーバード医大(HMS)の調査結果によれば、一般的なコーヒーと比較して毎日2カップ以上カフェインの除去されたコーヒーに変えることで、なんと直腸癌の罹患リスクを0.52減らせたそうだ。
内臓に脂肪が多い肥満があった上で、油脂の摂りすぎなどによる「脂質過多(ししつかた)」、塩分の過剰摂取などによる「高血圧(こうけつあつ)」、糖分の摂りすぎなどによる「高血糖」の中で2個以上当て嵌まる健康状態のことを、メタボリック症候群と称しています。
トコトリエノールの作用の中では酸化を防ぐ効果が一段と認知されていますが、それ以外にも美肌作用や、血清コレステロールの生成を抑制したりするというようなことが確認されています。
消化器科の領域である急性腸炎は、大半が腹部の痛み・嘔吐・下痢の症状がみられる程度ですが、細菌感染が原因の場合は壮絶な腹痛・ずっと続く吐き気・幾度も繰り返す嘔吐・水下痢に加えて38度以上の高い発熱が通例です。
急性中耳炎(Acute otitis media)は、最も多い中耳炎で比較的子どもに多く起こる病気です。強い耳痛や38℃以上の熱、鼓膜のひどい腫れや炎症、膿が出てくる耳漏(耳だれ)などの様々な症状が起こるのです。
様々な花粉症の症状(鼻水、酷い鼻づまり、連発するクシャミ等)のために夜間よく眠れない場合、それが因子になって慢性的な睡眠不足になり、翌朝起床してからの業務に良くないダメージを与えるかもしれないのです。
「常に時間に追われている」「上っ面だけのいろんな人間関係がとても嫌だ」「あらゆるテクノロジーやインフォメーションの進歩に追いつけない」など、ストレスがのしかかる要因は一人一人違います。
体を動かすのに必要なエネルギー源としてすぐに役立つ糖、細胞の生まれ変わりに欠かせない蛋白質など、激しいダイエットではこれらのように活動をキープするために外すことのできない要素までもを欠乏させてしまっている。