コレステロール

体重過多に陥っている肥満は前提として摂取する食物の栄養バランスや運動不足などが素因ですが、同量のごはんでも、慌ただしく食べ終わる早食いを日常化することにより体重過多に陥っている肥満(obesity)を招く結果になります。
最も大きな内臓である肝臓に中性脂肪(中性脂質)やコレステロールが多く溜まった脂肪肝(fatty liver)は、動脈硬化や脳梗塞を始めとした様々な生活習慣病の合併症の原因となる可能性があることをご存知でしょうか。
スギの花粉が飛ぶ時節に、お子さんたちが平熱なのに頻繁にクシャミしたりサラサラした水っぱなが止まってくれない状態だったなら、残念ながら杉花粉症の恐れがあるでしょう。
耳鼻咽喉科の領域の花粉症とは、山の杉やヒノキ、マツ、ブタクサなどの大量に放出される花粉が原因となり、クシャミ・目の痒み・喉の痛み・鼻詰まり・鼻水などの憂うつなアレルギー症状を呈する病気として知られています。
素人判断では骨が折れているのかどうかよく分からない時は、負傷してしまった地点の骨を注意しながらプッシュしてみて、もしその部位に激しい痛みを感じたら骨折しているかもしれません。
ジェネリックという医薬品とは新薬の特許が無くなった後に発売されるもので、まったく同一の成分で負担の小さい(薬の金額が安価な)後発医薬品のことを指しています。
学校や幼稚園などの大規模な団体生活で、花粉症が主因で皆と同時に外で思う存分活動できないのは、患者本人にとっても残念なことです。
チェルノブイリ原発の事故のその後の追跡調査のデータからは、体の大きな成人よりも体の小さな未成年のほうが拡散した放射能の害をより受容しやすくなっていることが理解できます。
男性だけにある前立腺という臓器はその活動や成長に雄性ホルモン(男性ホルモン)がとても大きく関係しており、前立腺に現れたガンも同じように、アンドロゲン(男性ホルモン、雄性ホルモン)に影響されて成長してしまうのです。
食事という行動は、食べたいと感じた物を気軽に口に運んで数回咀嚼して飲み下すだけに思われがちだが、その後も身体はまことにまめに働いて異物を人体に取り入れる努力をし続けているのだ。
鍼灸のハリを気になる所に刺す、という直接的な程よい複数の刺激が、神経細胞を活性化し、神経インパルスと言われる要は電気信号の化学伝達をもたらすという見解が一般的です。
ほとんどの場合は水虫=足、こと足の裏にできやすい皮膚病だと間違えられやすいのですが、白癬菌にかかる場所は決して足だけではなく、体のありとあらゆる部位にうつってしまう危険性があるので気を付けましょう。
いんきんたむしというのは、医学上では股部白癬と称し、白癬菌が陰嚢(いんのう)や股部、臀部などの部位に何らかの理由で感染、棲みついてしまう病気の事で水虫のことなのです。
筋緊張性頭痛は肩こりや首凝りから生じる患者数が多い頭痛で、「まるでギューっと締め付けられるような激しい頭痛」「頭が重たいような酷い痛さ」と言い表されることが多いようです。
気が付くとゴロンと横向きになってTVを視聴していたり、ほっぺたに頬杖をついたり、踵の高い靴等を毎日のように履くといった習慣は身体の左右のバランスを崩してしまう誘因になります。