水平に近い

「体脂肪率(body fat percentage、percent of body fat)」というのは、人の体の中の脂肪の占有している率を指しており、「体脂肪率=体脂肪量(キロ)÷体重(body weight、キロ)×100」という数式で算出することができます。
子どもの耳管の特徴は、大人のそれと比較すると幅があって長さがなく、加えて水平に近いため、菌が入り込みやすくなっているのです。小さな子供がよく急性中耳炎に罹るのは、この事が関係しています。
流感とも呼ばれるインフルエンザに適応している予防テクニックや治療法等の必須とされる措置そのものは、季節性のインフルエンザであっても新たに発見された新型インフルエンザであっても一緒なのです。
感染症のポリオを予防する不活化ポリオワクチンは、現在まで採用されてきた生ワクチンに替わる新しい手段として、平成24年9月1日からになるため、集団接種ではなく小児科などで接種してもらう個別接種という形に変更されています。
男性だけにある内臓の前立腺は働きや成長に雄性ホルモンが大きく関わっており、前立腺に発現したがんも同様に、雄性ホルモンに影響されて大きくなってしまいます。
チェルノブイリ原発の事故の数十年に及ぶ被害者の追跡調査の結果からは、成人に比べて若い子どものほうが分散した放射能の有害な影響をより受けやすいことが分かるのです。
ただの捻挫だと勝手に決め込んで、包帯やテーピングテープで一応患部を固定し、そのまま様子をみるのではなく、応急処置を済ませたら少しでも早く整形外科でレントゲンを撮ることが、快癒への近道になるのです。
人の耳の構造は、外側から順番に「外耳(がいじ)」「中耳(middle ear)」「内耳(inner ear)」の3か所に分類することができますが、この中耳に様々な細菌やウィルスが付着し、発赤等の炎症がみられたり、体液が溜まる病を中耳炎と呼んでいます。
脂溶性であるV.D.は、カルシウムが体に吸収されるのを促進するという性能で知られていて、血液の中のカルシウム濃度を調節して、筋繊維の活動を操作したり、骨を作り出します。
真正細菌の結核菌は、感染している人が「せき」をすることによって内気に撒かれ、空中にふわふわ浮遊しているのを今度は違う人が呼吸の際に吸い込むことによりどんどん感染します。
基礎代謝量(kcal)とは就寝中ではない覚醒状態で命を維持していく(鼓動、呼吸、腎機能の動き、体温や筋緊張の維持等)のに必要な理論上の最小限のエネルギー消費量のことを指すのです。
めまいが現れず、不快な耳鳴りと難聴の症状のみを何回も発症する症例の事を「蝸牛(カタツムリ)型メヌエル病(Cochlear Meniere’s Disease)」と診断するような事がままあります。
欧米においては、新しい薬の特許が満了した約30日後、製薬市場の約80%が後発医薬品(こうはついやくひん、ジェネリック)に替わるようなクスリもあるほど、ジェネリック(後発医薬品)は世界各国で知られているという現実があります。
ヘルニアというものは正しくは「椎間板ヘルニア」と呼ばれており、背骨の間にあってクッションみたいな役割を果たしている椎間板(ついかんばん)という名の柔らかくて円い形をした組織が飛び出した症状のことを表します。
拡張期血圧90以上の高血圧が継続すると、身体中の血管に大きなダメージがかかった結果、全身至る所のあちこちの血管にトラブルがもたらされて、合併症を発症してしまう度合いが拡大するのです。