頭重感

季節病ともいわれる花粉症とは、森の杉やヒノキ、ヨモギなどの花粉が誘因となって、くしゃみ・目や皮膚のかゆみ・頭重感・微熱・鼻詰まり・鼻水などの多様なアレルギー症状を招く病気だと広く知られています。腔からの出血ですが、喀血は咽頭から肺に達している気道(きどう、呼吸器の一種)からの出血のことで、吐血の方は十二指腸よりも上にある食道などの消化管から血が出ることを表します。
肝臓を健康にキープし続けるためには、肝臓の解毒作用が低下しないようにすること、要するに肝臓のアンチエイジング術を迅速に実行することが有効でしょう。
AEDとは医療資格のない人にも扱うことのできる医療機器で、本体から流れる音声ガイダンスの通りにケアすることで、心臓が細かく震える心室細動に対しての応急処置の効き目をもたらします。
胸痛を主訴とする狭心症の外科手術では現在「大動脈バルーンパンピング法(IABP)」もしくは「冠動脈大動脈(かんどうみゃくだいどうみゃく)バイパス移植術」の2種類の術式が高い確率で利用されています。
エイズウイルス、すなわちHIVを有している血液や精液のほか、唾液、母乳、腟分泌液等のあらゆる体液が、看病する人等の粘膜や傷口等に触れた場合、感染するリスクが高くなります。
乳幼児が受ける予防接種の不活化ポリオワクチンは、長きに渡って使用されてきた生ワクチンに変わり、2012年9月1日から任意接種ではなく定期接種として導入されるので、病院などの医療機関で注射してもらう個別接種の形になりますのでご注意ください。
コンサートやライブなどの施設や踊るための広場などに備えられた特大スピーカーのすぐ横で爆音を聞いて難聴になる症状を「音響外傷」と言います。
ジェネリック医薬品(generic drug)は新薬の特許が無くなった後に市場に出回る、新薬と同一の成分で金銭的な負担を低くできる(代金が少額の)後発医薬品です。
塩分と脂肪の摂取過多をやめた上で無理しない程度の運動を心がけるだけでなく、ストレスを蓄積しすぎないような生活を続けることが狭心症を引き起こす動脈硬化を事前に防止する知恵です。
明るくない所では光量不足のため見えづらくなりますが、さらに瞳孔が開いてしまうため、目の水晶体のピントを合わせるのに余計なパワーが消費されてしまい、日の差す所でものを眺めるより疲労が大きくなるのです。
寝姿を見ることなどで、患者がセラピードッグのことをとても可愛いと思った場合に「優しさのホルモン」とも呼ばれるオキトキシンが分泌され、最終的にはストレス軽減やヒーリングにつながるのです。
BMI(体重指数を求める計算式はどの国でも同じですが、値の評価基準は各国違っており、日本肥満学会(JASSO)ではBMI値22を標準体重とし、25以上だと肥満、BMI18.5未満の場合を低体重としているのです。
男性の生殖器である前立腺は成長や働きにアンドロゲン、即ち男性ホルモンがとても深く関わっていて、前立腺に発現してしまったガンも同じく、雄性ホルモン(男性ホルモン)の作用で大きく成長します。
今時の手術室には、手洗い場や器械室、準備室(preparation room)を備え付け、オペ中に撮影するためのX線装置を備えておくか、そうでなければ付近にレントゲン撮影のための専門室を併設するのが常識となっている。